news

sjal / shawl

すっかり更新しなくなってしまいました。

引っ越して、パソコンを置いているのが寒い方の部屋になってしまったので、それで寄り付かなくなってしまったのかもしれません(言い訳)

 

さてさて、これは去年織ったショール(ストール)ですが、スウェーデンのVÄVという織り雑誌の今月号に載せてもらっています。

まだ雑誌が手元に届かないのでご紹介できないのですが、織り方を紹介するページに載せてもらったのでどんな感じになったかドキドキしながら待っています。

世界の織り愛好者たちの目に触れると思うとド緊張です。

どうか気に入ってもらえますように!

 

スウェーデンから一時帰国している友人と話したり、身近な友人たちがなぜか同時期に(今)海外へと旅立って行ったのも相まって、私も外国へ行きたい!とうずうずしてきました。

もっぱらインスタでスウェーデンの友人たちの投稿を追いかける日々。

こんなことではいけないと思いながらも、今手掛けている仕事もノロノロ作業で思うように進みません。

停滞しているようです。でも手を動かす。頑張る!

 

今年は織る以外にもいろいろ外へ飛び出し、今まで見てこなかった日本の織りを見たり話を聞きに行ったり、体験しに行ったりしたいと思っています。そしてもちろん海外も行きたいです〜〜

 

それにしても今夜は風が強いです。

みなさまお気をつけて!

 

 

 

 

からむし / Karamushi

 

いつか訪ねてみたいと思っていた、からむしの里福島県昭和村。

ついに訪問が実現しました。

この時期は天気を読むのがとても難しく、一度予定していた日程を変更してようやく先日伺うことができました。

 

着いた日は晴れ。とても気持ちよく、雪の壁を見て少しテンションが上がりましたがそれは天気が良かったから。

次の日からは次第に怪しくなり、帰る予定にしていた日には本当に帰れるのか心配になるくらい雪に見舞われました。

雪国にくらす人たちは本当に大変です。思い通りにはならない天候に左右され、寒さの中生きていくたくましさ。

人がとても温かくて初めて会った気がしませんでした。

 

 

降り積もる雪。見ている分には美しいのですが。。。

 

 

畑で育てたからむしを刈り取って、繊維を取りそして乾燥させ、均一な太さになるように繋いで(績むという)ヨリをかけて、、、という時間を経た綺麗な糸。

この糸ができるまでにかけられた手間と時間を思うと涙が出そう。

この糸はおばあちゃんが績んだ糸です。

 

 

素朴な魅力的な布。地機(腰機)で織られるからこそ手で績まれた不均一な糸が綺麗に織れるような気がします。

自分の体と糸が作る布。

機械には絶対出せないところ。

 

 

お邪魔させていただいたおばあちゃんはからむし織以外に、裂織りも見せてくれました。

裂織りは本当にセンスの問われる仕事だと思うのですが、このおばあちゃんはなんて美しい色で織るのだろうと感動。

からむし以外にもなんでも地機で織ってしまう。とても楽しそうで生き生きとしていました。

 

糸を績むところも見せてくれて、笑顔も素敵で、私もこんな風に歳を取っても織りを楽しんでいたいなあと元気をもらって帰ってきました。

また暖かくなったら再び訪れたいと思います。

 

都会のように便利なものはないかもしれないけど、自然を相手に過ごすというのは創作意欲が刺激されるようです。

帰りの電車の中で、ふつふつと作りたいもののアイデアが浮かんでくるのが不思議でした。

 

 

 

普段一人で制作しているので、たまに遠征してインスピレーションを受けると織りがますます楽しくなりますね。

 

 

 

 

 

Klar!

心のふるさと庄内平野と月山。12月31日の写真です。

 

荷物出し終わり、オワッターー!!

あースッキリ。

無事に着きますように。

 

そして軽妙な私の元へずっしりした出来事がやってくる。

うーむ。なかなか話が通じないなあ。

お互いに悪気ないんだけど、少し残念さを噛みしめる。

 

 

同じ言語で会話しているのに通じない。

かたや、言語が違うのにとっても通じる。

 

不思議だなあといつも思います。

 

 

 

 

 

Sweden – Japan

今年は、スウェーデンと日本の国交樹立150年だそうで。

 

去年は立て続けにスウェーデンの知り合いが日本に来て、密かに日本ブームが起こっていたのですが今年も面白そうです。

 

2月1日までスウェーデン大使館で開催中の、

Textile Art in Motion Sweden-Japanのオープニングイベントに先日行って来ました。

 

Mylla Ekさんの、Nokiimoコレクション。

去年の9月にスウェーデンで織りのイベントに行った時に、初めて目にした衣装。

 

パッと見、日本のような、少しアジアの感じが入っているけどちょっと違う。

これはなんだろう、と足を止めて見たのを覚えています。

とてもよく作られていて、裏と表、両方がそれぞれ違う顔を持っています。

リバーシブルで着られるんです。着ることによって、人の体の動きがこの服をより魅力的に見せてくれます。

 

Nokiimoをまさか日本でまた見れて、しかも作り手のミラさんにも会えるなんて。

とても嬉しい時間でした。

 

作る人は話すのが苦手な人が多い。

言葉にできないから作っているんだよなあと思いながらミラさんの話を聞いていました。

 

このところ停滞気味だった自分の制作にもとても刺激になりました。

入場無料なのでお近くの方は是非見に行ってみてください♪

 

 

 

 

moving

2018年、明けました。

今年もよろしくお願いいたします。

新年のご挨拶もせぬままこんな時期になってしまいました・・・

 

今年のスタートから新しい場所になりました。

 

まず初仕事。2台の織り機を分解。写真は1台分です。

 

織り機は畳めばコンパクトになるとはいえ、2台の織り機の部品で部屋がいっぱいになり

これは先が思いやられる!と心配しましたが荷物の移動も無事に済み

織り機の居所も決まり、再度元の形に組み立て。

 

まだまだ散らかったアトリエですが先行公開。(のちに公開の予定もないのですが、、、)

 

仕事再開までもうひと頑張り。心の中で焦りだけがひた走ります。

それにしても、鉄コン筋クリートの建物は冷えますネ!ぶるぶる

 

 

 

 

 

 

まとめ

年末感がまるでないのですが、本格的な片付けを始める前にやらねばならないこと。。。

それは今年一年織ったもののデータ整理です。

いろいろ見ながら、一年を振り返る。溜めていた分が次々見つかり、今年中に終わらないかも、、、

 

 

あっという間でしたが、一つずつ思い返せばスウェーデンでも日本でも、たくさんの方と繋がりができて今年はとても濃い一年でした。

今年もたくさんの方の助けや支援をいただき無事に織りを続けてこられて、本当にありがたいです。

 

来年は、アトリエなども整備していくつもりです。

片付けなければ!

 

こないだのNHKでやっていた、片付けのポイント。

 

だわへし

だ=だす

わ=分ける

へ=減らす

し=しまう

 

ということですが、母曰く某祖母は、「だ」と「し」しかないという。笑

だす、しまう。

もしかしたら、「な」=眺める なんてのもあるかもとくだらないことを考えてしまうのですが、同じことにならぬよう、年末年始で必死に「へ」をしたいと思います!!

良いお年を!

 

 

 

 

師走② / December

冬の嵐です。

ホワイトアウト状態。どうかこれ以上事故が起こりませんように。

 

 

今年の仕事納めは30日と決めました。それまでに頑張らないと〜

 

先日祖父の家で見つけたアルバム。

私は会ったことがないひいおじいさんのアルバムでした。

 

面白くて思わず写真を写真に撮ってしまいました。

コメントと字体がひいおじいちゃんの人柄を感じさせます。

どんな珍石だったか見てみたかったなあ。笑

 

 

なんとエジプトにも!

この中のどれかがひいおじいちゃんです。笑

 

とても迫力がある!

 

 

明治生まれの人はたくましい。私のひいおばあちゃんも明治の女で私が成人する直前まで生きていました。

毎日着物を着ていて、当時はそれを当たり前に見ていたけど今のおばあちゃん世代だと着物を着ている人もそんなにいないのかなあと思います。

今思うと色々聞いておけばよかったと思いますが、あの頃はあまりそういうことが頭になかったので残念です。

 

アルバムを見て少しだけ、ひいおじいちゃんのことを知れた気がして嬉しい出会いでした。

私も世界中行ってみたいわ〜

さ、寄り道してないで仕事仕事。笑

 

 

 

 

 

師走 / December

あと一週間ほどで2017年が終わってしまう、、、
今日は一瞬だけ晴れてとっても気持ち良かった。

来客があったため、必死に片付けをしたらスッキリ!やればできる!

というのもつかの間。

 

お客さんが帰った後からテーブルにいろいろ広げて、ハッとする自分。

いけないいけない。

 

片付けるのはあんなに時間がかかるのに、散らかすのはなんてあっという間なんでしょうね。

 

この織り機。昔東京で通っていた学校の移転に伴って買い取ったもの。

織り機にも歴史があるんだろうな。

これからもよろしく!!

 

 

 

 

Handdukar / hand towels

いつも麻のハンカチを取り扱っていただいている、京都のumweltさんに、冬のハンカチを納品しました。

ぜひ店頭でご覧ください。

 

今回は、家の中と外。

という感じをイメージしました。

 

東北(日本海側)の冬は全然晴れないし暗いし寒いし、海からの風で猛吹雪になるので子供の頃はスキーウェアを着て学校に通っていました。

この頃はそんなに雪も降らなくなって来たなあと思っていましたが、今年の冬は荒れ模様です。

そんな中でも毎朝雪道を歩いて登校したり、校庭できゃっきゃと遊ぶ子供たちを見ては強いなあと思ってしまいます。

外が荒れてても子供にはあまり関係ないんですね。

長くて暗い冬をどう過ごすか、これはスウェーデンでも日本の雪国でもきっと同じくらい大事なことです。

 

 

スウェーデンではsyjunta(スィーユンタ)という、何人かで集まって編み物をしたり刺繍をしたり、とにかくなんでも持ってきてみんなでおしゃべりしながら手を動かす、という文化があります。

そんな集いをいつか自分の周りでもやりたい、と思っていますが。

 

雪の中の散歩もいいし、(風がなければもっといいですね)家の中で過ごすもいいし。

気づけばあっという間に今年が終わりそうです。

気分転換は十分して来たので、あとは仕事を無事に終わらせたい。。。がんばるぞーーー

 

 

 

 

 

Thank you!

昨日をもちまして、青山とみひろさんでの展示会が終わりました。

 

1日からのAS Antiques Galleryに続き、たくさんの方にお越し頂きとても嬉しいです。

ありがとうございました!

 

また日常の制作に戻りつつ、来年展示会が開けるように頑張ろうと思います。

展示していたストールのうちいくつかは引き続き、とみひろさんに置いていただける事になりました。

hatagotoさんの壁掛けと合わせて、もし機会がありましたらお手に取っていただけると嬉しいです。

 

 

写真のストールは青森、十和田のSurya(スーリヤ)さんに納品しております。

とても柔らかい糸で織っています。是非試し巻きしてみてください。

他にも数点、納品しております。

 

Surya

〒034-0011

青森県十和田市稲生町14-53

佐々木ビル1階 店舗5 (佐々木スポーツ奥にあります)