news

Coasters for Takinami-Ryokan 1

今夏のはじめ頃、山形県南陽市にある、いきかえりの宿 瀧波さんへコースターを制作させていただきました。

このことはfacebookの方にも書き、instagram, facebook, blogと何をどのように書き分けたらいいのかわからないのですが、こちらはもう少し詳しく書いてみようと思います。

 

 

さてさて、

瀧波のデザイナーの方と打ち合わせした時はリノベーション真っ盛りで、急ピッチで作業が進んでおりました。

足場を登ったりくぐったり、まだ養生用のブルーシートが目立つ中をお邪魔して、ご丁寧に案内していただいたことを覚えております。

 

この旅館を再生するために、この場所に関わっている方が総力を尽くしていることに感銘を受け、是非ともこの場所に合うようなものを作らせてもらいたい!という気持ちになりました。

 

山形県は同じ県でも、気候はそれぞれ。

私の住む酒田市は海に面し、鳥海山、庄内平野と港と、海風。

瀧波さんのある南陽市は内陸部に位置し、高い山に囲まれ湖もあり、穏やかな風が吹いています。

 

山形というテーマで、それぞれの地域に合うように模様のバリエーションの多いローゼンゴン織りを選びました。

 

藍と玉ねぎと、山形県で採れた黄檗という木のチップを購入し、早速染め作業。

 

 

黄檗、こんな色をしています。

これだけでもとても綺麗。どんな色が抽出されるのか楽しみです。

 

 

写真の左は、何の色でしょう?

正解は、玉ねぎです。こんなに赤くなり、そして隣は先ほどの黄檗。

レモン色になってこれまた綺麗です。

 

 

台所でグツグツ。

黄檗で染めています。

手前に写っている若干奇妙な色をしているものは、藍染した糸です。笑

 

 

 

染め上がり。

左から、黄檗、玉ねぎ、玉ねぎ、黄檗+藍、藍、藍

となっています。

 

こんなに綺麗に染まるなんて、と感動です。

 

 

糸の目印につけていたセロハンテープまで綺麗に染まりました。

 

 

 

 

 

Iceland

旅の思い出つづく。

 

ずっと持っていた願望、アイスランドへ行きたいという夢がついに実現しました。

一緒に行った友達はかつてアイスランドに住んでいて、出会った当初はアイスランドの話ばかりしていました。

私にとっては夢の国、彼女にとっては懐かしい第二の故郷。

 

 

一口に、素晴らしかった!というだけではなく自然と人の近さゆえに荒々しい自然を前に無力すぎる自分を感じたり、今まで見たことのないような地形と色と、空気と風。

季節の全部がそこにあるようなとても不思議なところでした。

 

友達が全部手配してくれたので、おまかせ旅行になってしまったのですが、自分だけでは到底行けないようなところにも行けて本当にありがたかったです。

色々なミラクルも起こりました。

 

飛行機の到着が遅れ乗るはずだったバスを逃し、次に出るバスに乗れるかどうかギリギリ。

これも逃してしまうと最終バスまで5時間くらい待たないといけない。

しかしどう考えてもそのバス停までたどり着けそうにないと諦めかけたとき、突然現れた白髪に全身赤い服のエンジェル。(年配の女性でしたが)

 

いきなり、この車に乗りなさい!とレッドエンジェル。

突然のことに驚きをかくせず、というかこのひと、だれ?!という私の疑問すら受け止めてもらう暇もないまま猛スピードで車を飛ばし、バス停まで送ってくれたのでした。そしてバス出発5分前到着という奇跡。

 

大喜びの友達。

後で訊いたら、ついさっき空港で出会った人だったという。不思議なことが起こるもんだ。

とにかく、色々な人に助けられました。

 

最初の目的地は、友達の友達のファームでした。馬が25頭、羊が200匹にうさぎ、犬、ヤギを飼っているのでした。

行った時が白夜の時だったのでいつまでも明るく、夜の散歩がとても気持ちよかった。

 

 

夏至の夜の散歩。

目の前に広がる自然の大きさに圧倒される。写真に撮ると、こういう景色あるよねという感じになってしまうのが勿体無い。

 

 

晴れてると思うと大風と大雨になったり、と思うといきなり太陽が顔を出して暑くなったり。

 

夕飯後の散歩に出ようとするわたしたちを、先導してくれた賢い子。

ぼくが守る!とでも言いたいのか、このへんのこと何も知らないんでしょ、ぼくに付いてきなよ。というつもりだったのか。(どちらかと言うと後者かな)

小柄だけど頼りになるリーダーでした。

 

 

つづく

 

 

 

 

 

canoe

 

今回の旅で楽しかったことトップ10を報告してねと、友達に言われてから思い返してみたけど、たくさんありすぎる。

報告してと言った本人は覚えているかわからないので、ここに報告。(忘れっぽい子なので…)

 

スウェーデンは湖だらけ。

とりわけ、今回会いに行った友達の住んでいるところには大きな湖があってとてもいいところでした。

 

ずっと前から、2泊くらいのカヌーのツアーをしよう!と計画して会いに行ったのだけど、結局体力的な問題や天気が悪くなるかもしれない、ということで日帰りで行ける範囲に計画変更。こう言った変更はこの国では実に頻繁に起こることなので想定の範囲内でした。

 

 

友達に連れられて行った湖畔にはカヌーが二艇、野ざらしにされていました。

そのうち一艇を借りた、という友達。(もう一艇の、友達が乗る方は対岸にあるようでした)

 

みんなで協力してそのカヌーを水に浮かべ、私が乗り込むとパドルを渡され、スタート。

何の前触れもなく、準備らしい準備もなく出発することになったのでした。

 

日本だとインストラクターの指導やら、行ける場所行けない場所といった制限がありそうだけど、全くなし。

なんてハードルが低いんだと思うと同時に、自分で判断するという厳しさもあるし、でもこっちの方が判断力もつくし自然の中にいることを実感できるよなあと思うのでした。

 

初めは腕が疲れる!と参ってしまいそうになりましたが次第に体が慣れてきて、とても心地よい日差しと見渡す限りの綺麗な景色を堪能しました。

途中、小さな島に上陸して豆を煮て作ったスープ。

あらかじめ水や食料を積み込んでいったので島で調理して食べて、コーヒーも飲んで大満足な時間。準備の良い友達に感謝。

 

 

帰りは風が強くなり、湖に波が立ってカヌー内に水が侵入。

ズボンもずぶ濡れになったり靴下が濡れたり、それぞれ被害もあったけど転覆することもなくよくしのぎました。

 

 

日本でもこんな感じで自然を楽しめたらいいのになあ。

日差しがあると暑いけど、ちょうど曇りだったのでとても気持ち良かった。

何より景色が最高。そして驚くほど静か。

 

それに友達が細部にまで気を配ってくれて本当に素敵な人だなあ、と実感。

またカヌーをしに行きたいです。

そしてキャンプも!すっかりアウトドアに目覚めたのでした。

 

 

 

 

 

Norrut / 北へ

しばらくお休みしていました。

 

短いようで長かった旅でした。でももうちょっといれたらよかったなと思ったりもしますがとにかくとてもいい時間でした。

見てきたものや感じてきたことをひとつずつ言葉にするのは難しいですが、行く前は想像していなかった展開が様々起こり、想像以上の出会いがありました。

この関係はずっと続いて行くだろうし、いつでもまたそこへ戻っていけるような気がしています。

 

そして、生活することも織ることも食べることも同じくらい自分にとって平等で

ひとつの丸の中に入り混じっていたら嬉しいなと思っています。

 

 

旅の様子を、少しずつ紹介できたらいいなと思います。

お付き合いいただけたら嬉しいです。

 

 

 

 

 

お知らせ

 

20日から展示が始まります。

緑三兄弟。

 

私のお気に入りです。

 

諸事情によりこれからしばらくブログの更新ができないかもしれませんが、インスタグラムの方には投稿していくつもりです。

もしみていただけるようでしたらそちらの方をみていただけると嬉しいです。

 

昨日(もう日付変わっちゃったから一昨日か)はとてもいい再会の日になりました。

 

3年前に聞いた話が、現在進行形の形になって目の前に現れたというのか、まあそのままなのですが

この道を進んで来てよかったなあと心からホッとしたというか、今まで支えてくれていたたくさんの人たちのおかげで

続けられたことにとても感謝です。

 

何事もこれからですね。

さて、がんばろーーー!

 

それにしても仕事のできる人っていうのは本当に共通点がある。

私もそんな方達の真似をすればいいわけですがね、ふふふ。

 

遠くに見える景色に近づくためにはまず一歩踏み出すのが何よりの近道ですよね。織りをやってると本当に実感する。

 

あと語学も!

私のスウェーデン語散々になって来てしまったのでここらで取り返さないと。

 

全くまとまりがなくなって来たところで、おやすみなさい。

 

 

 

 

 

あちこち

 

あちこちいろんな仕事を同時にしています。

そのせいか、パソコンもうまく動かなくなったりちょっと不調。

 

機械ですら動かなくなるんだから無理してはいけないと思いつつも、無理せねばできない。
なんと日本人的。

 

今月の展示会に向けてはだいぶ前から準備を進めてきたのに、最後の方でドドドっといろいろ駆け込んでくるようです。

のまれてはいけませんな!

 

 

 

 

 

6月の展示会のお知らせ/ Exhibition in June

 

ようやくできました!

今月20日から、十和田にあるSuryaさんで展示会をします。

 

北欧の風

2017.6.20 tue – 7.29 sat

11.00 – 17.00

 

Surya(スーリヤ)

青森県十和田市稲生14-48

日曜、月曜定休

 

去年の10月の弘前の展示会でご一緒させていただいた、佐々木瑞枝さんとの2人展です。

佐々木さんも私も、スウェーデンという共通の場所で織物を習いました。

それぞれの、北欧の風を感じていただけたら嬉しいです。

 

お近くの方、ぜひお越しください。

ちょうど、十和田美術館で横尾忠則の展示をしているらしく!

そちらも興味津々です。

美術館の展示のついでがありましたらのぞいてみてくださいね。

 

 

 

 

 

キラキラ

美味しそうに煮られる糸。

 

写真がキラキラしてて料理かと思った。

 

それにしても寒い。

暑い地域と寒い地域に分かれているらしい今日、残念ながらこちらは寒い方のグループに振り分けられてしまったらしく

ついに、、、ストーブをつけました。

 

6月です。

6月だよね?昨日も今日も、コート着ても寒い。

北欧か。

 

そして色々締め切りが迫る。

ドキドキ。こんなことしてないでやらねば。

 

 

 

そのうち連絡しなきゃと思っていた人からの突然の連絡、スウェーデンの方なのですがちょうど日本にいらっしゃるとのことで驚きました。

 

京都まで来れない?と尋ねられ、

行きたい!

けど遠い、しかもギリギリなスケジュールなので時間が取れず一晩悩んだ挙句、他の場所で会えないかと提案してみたところ、

なんと京都の後にうちの近くまで来る予定だったらしくてちょっと会えることになりました。

 

それまでに今の仕事を片付けなければ!その前にこのカオスな部屋をちょっと片付けなければ!

朝から様々なジャンルの片付けに追われ、まだまだ長い一日が続きそうです。

 

 

 

 

 

6月の展示会

あと2日でついに、、、

 

6月!

 

カレンダーとにらめっこ。ひたすらそわそわしちゃいます。(それが一番なんの役にも立たないと知っているのに)

6月の後半に青森県十和田市のギャラリー、Surya(スーリヤ)さんで小さな展示会をします。

 

いろいろ同時進行で制作も大詰め。

先週末から今週にかけて再び染色の日々でした。

玉ねぎと黄檗と藍と。

特に、玉ねぎ!今までとちょっと割合を変えて染めたら、あんなにいい色に!知らなかった玉ねぎの魅力。奥深い!

ヒマさえあれば一人で色を見つめる。。

 

 

この写真のショールは展示会用です。シルク100%。

朱色って扱いに困ることもあるのですが、思ったよりいろいろ組み合わせられて楽しかったです。

 

それにしても、前に織った布のデータをどこかに書いておいたのにない、、、!

困ったもんだ。

 

 

 

 

 

こわいこと

また

 

訳のわからないことが決まろうとしている

 

議論になんかなっていないし、発案したものは全部多数決で決まってしまう恐ろしさ。

テロ対策のための法案じゃないのはもうはっきりしているよね。

 

 

「一般の人は対象にならない」

 

と言ったかと思えば

 

「嫌疑がある段階で一般の人ではない」(盛山法務副大臣)

という。

 

はっきり言ってもらえてよかった。

 

 

自分は関係ないとか、関心がないとか、そういう人たちの力を原動力に進んでいくんだ。

 

私たちはこれからどれだけ自分たちの権利を手放していくんだろう。