blog

Exhibition in Sapporo

札幌東急での展示会、いよいよ明日までとなりました。

初日には、ほんの少しの時間でしたが在廊させていただきました。
短い時間の中で感じたことは、やっぱり直接お客様の反応を見られることはいいことだなあ、ということです。

どの布も堂々と並んでいて、そして誰かが試しに巻いてくれる。
そうすると、普段作って並べているだけではわからない魅力が出てきて、見え方が変わるのが不思議です。
布にしても何にしても、買っておいておくだけじゃもったいない、使って初めてそのモノが生きてくるように思いました。

人生の短い時間の中で、自分の好きなものを選んで使う、そして楽しむ。
これこそ醍醐味ではないでしょうか。
と言って、どちらかというと私はしまっておいてしまうタイプなので、使おう!と自分に言い聞かせました。

今回久方ぶりに北海道に行きましたが、やっぱり良い!!10歳の時に家族旅行で北海道に行き、将来はここに住むんだと決めて帰ってきていたのですが、やっぱり良かったです。10歳の自分の見立ては外れていなかったぞと思ったりして。

景色もさることながら、空気も綺麗で人も優しくて、振り返るたびにうーん、良いなあとしばしの余韻に浸かっています。

色々な意味で肩の力が抜けて、良い時間でした。

残り1日ですが、展示会の方ももしご覧頂ければ嬉しいです。




Exhibition in Sapporo / 展示会のお知らせ

すっかり直前のお知らせになってしまいました。

20日から札幌東急百貨店にて展示会をさせていただくことになりました。

心惹かれる手織りと手彫り
スウェーデンで学んだ3人展

2月20日 (木) 〜 26日 (水)
10時 〜 20時 (最終日は17時まで)
さっぽろ東急百貨店6階プレミアムスクエア

高橋朝子 (木彫作家)
藤野華子 (染織家)
大滝郁美 (染織家)

初日のみ在廊予定です。営業時間中ずっといるわけではないのですが、可能な限りいようと思います!
お客様の前に出るのが久しぶりなもので、ドキドキしています。
家で見ていたものが他のお二人の作品に囲まれて、どう映るかしら。。。

ぎこちないかもしれませんが、ふらっと立ち寄ってくださる方がいらっしゃいましたらうれしいです。

久々の外出。
今日久方ぶりに車の運転をしましたが、まだ大丈夫でした。笑

曜日感覚、季節感、そして人との距離感。こもりすぎたもので、取り戻さなくては、、、!

本日荷物をすでに送り出しましたが、最後の悪あがきで夜な夜な、さらに色々できるかなーと長いこと保留にしていたものをやってみましたが、やっぱりうまくいきませんでした。
なのでこんな夜分に、ついでにブログも!と更新してます。
こんな更新頻度ですみません!!

どうぞよろしくお願いします。




Colors of winter / 冬の色

冬の色は何色?

京都のUmweltさんに季節ごとに納品している麻のハンカチ。
遅くなりましたが、今年の冬の色です。
以前もこの写真はブログに載せましたが、迷わずこの月山の色を織ろうと決めて、織り進めました。

この暖冬で、いつもなら今時期は雪景色なんだろうなと思いながらも、草を眺める毎日。
冬がまだやってこないような気持ちがして、物足りなくなってしまいます。


先日母が、私の専門学校時代の文章を引っ張り出して来てくれ、久々に読み返してみました。
もうなくなってしまった愛しき母校ですが、大事なことを私の中に残してくれたと思っています。

当時、三年生の終わりにそれぞれが研究テーマとして取り組んでいたものを、発表するべくまとめた文章でした。

私のテーマは、「色をかたちにする」でした。

20代前半はまだ織りとしっかりと出会ってはいなかったので、その方法は身近なものに染色したり、刺繍したりという方法でしたが、どうやって色をかたちにしよう?と思って何か手を動かしていたんだと思います。

その方法は今は織りになりましたが、テーマとしては全く変わってないなあと思いました。これからもきっとそうなんだろうけど。

もしかして今後織りではない違うものにかたちを変える可能性もあるのかなあとふと思いましたが、織りは織りでいろんなプロセスがあってどれもとても好きです。
私の織りは、染色とは切り離して考えられないものなので、色を染め、織りながら細く長く続けていくのであろうなあと思いました。




Gott Nytt År 2020 / Happy New Year

2020年の幕開けです。雪のほとんどないお正月。今年もよろしくお願いいたします。
写真の月山は、昨年のある日の夕暮れ時に撮りました。

今はもっと雪が積もっているのですが、平地ではほとんど雪はありません。
降ってもすぐに溶ける。こんな時期に陽の光が拝めるだなんて、東北日本海側に住む人にとっては有難い。
ですが、まるで関東にいる様な気分です。スウェーデンの友人たちのところも雪がない様で、温暖化の影響を感じています。


今年は私の予定としては、まずは2月後半から札幌での展示があります。そのあとは5月。

大晦日も元旦も関係なく仕事をしていたので、お正月気分もあまりないのですが、少し落ち着いたら羽黒山に行ってお参りしてこようと思います。

今年も気長にお付き合いいただけましたら幸いです。





Sjal i daldräll / ダーラドレルストール

Sjal med växtfärgat garn (krapp)

茜で染めた糸で織った、ダーラドレルのストール。
最近、スウェーデンの学校の時に一緒だった韓国人の友達夫婦のブログを発見し、見ていたら写真が綺麗なのはもちろん、作っているものがとても素晴らしいーー!木工の仕事をしている2人なのです。

学校にいた時からもちろん素敵だったけれど、スウェーデンの特色もしっかり入っていて、それでいてやっぱりスウェーデンだけじゃない雰囲気も含まれていて。
韓国語で書かれていたから記事は読めないけど、写真を見るだけで刺激になります。
そうか、こういうことだよなあ、と作ることの楽しさも伝わってきて、とても嬉しい気持ちになりました。
私も続けていこう、そしてもっと面白いと思うものを織っていきたいなと思いました。離れていても刺激を与えてくれてありがたや。




12月

緑のストール。タイトルはまだ未定、、

パッキリした緑の経糸を、緯糸で中和。
この経糸に見合う緯糸を探すのが難しく、面白く、そして織るのはとても時間がかかった。

やっぱりストールは巻いてもらうのが一番良い!




Snow

今朝起きたら、外が一面真っ白でびっくりでした。
そうか、もう12月だもんな〜!
雪が降ると、一気に外が明るくなっていいですね。

この写真のマフラーは先日載せたものの色違い。ピンクです。

ピンク、いつも使い方難しいなと思います。ピンク好きの人のピンク使いにはどうしてもかなわない。。

ついつい青とか、緑とか、寒色系を使いたくなるので熟練ピンク使いになるには要研究、修行です。

こないだまでかなりの色数を染めていたので、これから織るものの色が選べて楽しい!
色のイメージが明確になっているといい色に染まるのです。




秋の夕暮れ


最初の写真はイェムトランスドレルのストール。
短いですがあったかいのです。こちらは今は青森へと送り出しました。
今度はこの模様で膝掛けを作ろうかなあ。

今日は一日中暖かくて、ストーブはほとんどつけませんでした。
雨が上がったら夕焼けもすごく綺麗でした。

毎日白鳥が家の周りの田んぼに集って餌を探しています。
田んぼにポツポツと白鳥の群れが、そこかしこに訪れています。
白鳥って近くで見ると本当に逞しい体つき。
これで空飛べるんだからすごいな。でもそれくらいの肉付きじゃないとはるばる飛んでこれないしな、、
鳴き声を聞きながらの散歩はなかなかいいですよ。

織りも今は順調に進んできて、とても楽しい!相変わらずののんびり進行ですが。色々織りたいけど間に合うかしら。




Handdukar / 麻のハンカチ

ハッと気づいたら先月は一度もブログを更新していませんでした。
しまった、、、

麻のハンカチを京都のUmweltさんへ納品いたしました。
約一年ほどお休みをいただいていたので、再開ということになります。
お待ちいただいていた方もいらっしゃるとお聞きしてとても嬉しいです。
どうぞお手にとって見てください。今回は晩秋の色をイメージして制作しました。

ずっと同じ種類の糸を使っているので、十数種類の色をどの組み合わせにするか、いつも悩むのですが
最近は、今までしなかった様な組み合わせに挑戦するのが楽しみの一つになっています。自分の想像を超えて面白い色になる時があります。


先日は山へドライブに行って、紅葉をたくさん浴びてきました。
どの道を通っても見惚れてしまう様な見事な色の数々。
生命力に満ち溢れていて、とても元気をもらいました。私もがんばるぞー






Alpaca shawls

Natural dyeing by birch, and onion

山形市のとんがりビルにオープンしたセレクトショップ、『この山道を行きし人あり』でストールを扱っていただくことになりました。
なかなかストールを常設で扱っていただく機会がなかったのでとても嬉しいです!
さあどんどん作るぞー!と気合いは十分。

写真のストールは、アルパカの糸を使った草木染めのストール。
白樺と玉ねぎで染めています。
写真でも少しポコポコと立体感がありますが、巻いているととどんどん模様が浮き上がってくるかなあと思います。
大判なので、山形の寒い冬にぴったり。
山形じゃなくても、東京でもどこでも!使ってみて欲しいです。

小学2年生まで住んでいた山形市。
今回、ショップのオープン前のレセプションにお邪魔したのですが、せっかくなのでとその前に、昔住んでいたあたりの思い出巡りをしてきました。
もちろん山形へは今までも何度も行っていますが、ゆっくり散歩する機会もなかったのでちょっと新鮮でした。
人の思い出巡りほど、付き合わされて『へえ〜』以外なんて言ったらいいかわからないことは無いと思いますが、堂々と人に付き合わせて行ってきましたよ。
興味ないとは思いますが、後でブログに載せようと思います。

へへへ。