blog

Sjal / ストール

_4260009.jpg

En sjal till min bekant

幼なじみのお母さんがストールを注文してくれた。
経糸と緯糸が合わさってできる新しい色の可能性は無限だなあとつくづく感じる。
計算する出来るようで出来ないところが面白いから織りを続けているのかもしれない、なんて考える。

Det är så intressant att väva med många färger.

気に入ってもらえますように!

Hoppas att hon gillar den här sjalen!

 

 

 

 

 

Silk

_4260001.jpg

お世話になっていた養蚕農家さんにいただいた屑繭を真綿にして、それを紡いでみた。

真綿の出来はさておき、糸になるととてもきれい。

蚕を育てた人からもらった繭は格別だ。これから何を織ろうかな!

 

 

 

 

 

Silk

IMG_5790.jpg

繭にならなかった糸がこうして薄い布のようになっている

たんぱく質がついているので意外とパリパリ

 

 

 

 

 

麻のハンカチ 盛夏 /Handdukar i lin – midsommar

 

Handkerchiefs/midsummer

京都のUmweltさんに先日納品させていただきました、夏のハンカチ第2弾は盛夏です。
夜の海と山と花の色をイメージして織りました。

スウェーデンの夏至祭の様子を友人のSNSを通じて見ていました。北欧では白夜が続いていますね、この時期の夜の散歩は最高なんです。
日本でも6月21日の夏至の日は満月がとてもきれいでしたね。

来年は行けたらいいなあ!

 

 

 

 

 

 

Cocoon/繭

IMG_5878

昨日の夕方から糸を吐き始めた蚕がだんだんと繭になってゆく

初めは縦横無尽に吐く糸も、気づけば内側にはっきりとした楕円形が見られるように、核心に近づいてゆくように糸を這わせる

よくわかってるなあ、などと思わず感心してしまうのだけど姿が見えにくくなるにつれてお別れが近づいてきた感じがしてさみしい気持ちになってゆく

見守っているよ!

 

 

 

 

 

 

 

Silkworm

IMG_5695

かねてから訪れてみたかった、養蚕農家さんのところへ。

窓から気持ちのよい風が吹き込んで、網の揺れているのがとても綺麗な蚕室。

 

IMG_5690

蚕を新しい場所に移動させるために、この網ごと移動する。網を放しても、くっついた蚕がなかなか剥がれないので手で取って行く。よく見ないとまだ付いてたりして、なかなか目を使う仕事だ。

 

 

IMG_5731

そうじしながら見つけた葉っぱ。穴だらけなのがとても絵になる。

養蚕は大変な仕事だけど、どうか存続していってほしい!たまに行ってお手伝いをすることにした。

 

 

 

 

 

麻のハンカチ 初夏/Handdukar sommar

_4260117_4260123_4260126

お届けしてからだいぶ時間がたってしまいましたが、テーマは山に持って行きたいハンカチです。
夏の山に映えるような色にしたい!と思いこの青系の色と黄色系の色の二種類を織りました。

黄色の方は3種類の黄色を使って織りました。青い方は、紫、黄土色とちょっと違う色も入っています。
京都のUmweltさんにてご覧いただけます。
嬉しい事に、青い色の方は売り切れてしまったようなので、追加で少しだけ納品します!
そしてまた新色も制作中ですのでお楽しみに〜。

Umweltさんのブログ↓
http://umwelt-ebs.blogspot.jp

 

 

 

 

 

Sverige/Sweden

Jag reste runt Sverige och träffade många vänner! Det var så så så trevligt.  Jag saknar vänner och naturen redan!  Vill åka dit igen så snart jag kan 🙂
Älskar Sverige!! Tack för att du var med mig, min bästis Madde!

1年半ぶりにスウェーデンに行ってきました。行く前の高揚感とは裏腹に、スウェーデンで過ごしていた毎日の延長のような、あまりにも当たり前に続いているような、そんな感覚の時間を過ごしてきました。

なんでもっと早く来なかったんだろう?と思ったので、またすぐ行くつもりです。とてもとても楽しかった。大事な友達と過ごす時間の尊さを再認識しました。大好き!